開催概要
第14回箱根ドライアイクラブ開催に向けて準備を進めておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、検討の結果、今年の開催は見送ることにいたしました。大変残念ではございますが、この状況にご理解頂けますと幸甚に存じます。
開催日時
2020年5月29日(金)10時30分~5月30日(土)12時50分  1泊2日
会場
兵庫県立 淡路夢舞台国際会議場&ウェスティンホテル淡路
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1番地 TEL: 0799-74-1020
参加費
1室1名利用 20,000円
1室2名利用 10,000円
(1名あたり)
※交通費は実費負担
募集人数
30名
共催
ドライアイ研究会   参天製薬株式会社
開会によせて

 第14 回箱根ドライアイクラブ、今年も横井先生の渾身のプログラムです。
 日常診療の話題から研究の最先端まで、年を重ねるごとに益々充実のドライアイミーティングになっています。
淡路での2 日間、たっぷりとドライアイディスカッション!しましょう。
 この箱根ドライアイクラブは、ドライアイを専門とする若手研究者や臨床家を育ててドライアイ診療の世界をさらに発展させることを目的として2006年にスタートしました。その成果が見事に実り、ドライアイ研究のすそ野が広がり、近年、論文投稿が益々盛んになっていることをとても嬉しく思います。
 僕が箱根ドライアイクラブ実行委員長を務めるのはこれが最後となり、ドライアイ研究会の世話人代表とともに
横井先生にバトンタッチします。きっとさらなる強力なリーダーシップで、ドライアイ診療の未来を切り拓いてくれることでしょう。これまで毎年、講師をお引き受けいただいた先生方、参加してくだった皆様、ご支援いただきました参天製薬様、そして運営でお世話になりました関係各位、スタッフの皆様、ありがとうございました。今後とも箱根ドライアイクラブをよろしくお願いします。

第14回箱根ドライアイクラブ実行委員長 坪田 一男
参加者資格
第1回目ならびに2回目の参加条件
  ドライアイ研究会会員であること(新規会員を含む)
  眼科専門医および専門医志向者でドライアイ研究・臨床を行っている者、または将来行う可能性がある眼科医
     
3回目以降の条件
  前々回に参加した箱根ドライアイクラブ後から、参加希望の箱根ドライアイクラブ開催日までに、ドライアイに関する発表実績または論文の執筆があること(発表言語は問わない)
     
※参加可否は審査後、4 月下旬頃にご連絡申し上げます
第14回箱根ドライアイクラブ実行委員
坪田 一男   慶應義塾大学医学部眼科学教室 教授
第14回箱根ドライアイクラブ実行委員長
横井 則彦   京都府立医科大学眼科学教室 病院教授
島﨑 潤   東京歯科大学市川総合病院眼科 教授
渡辺 仁   関西ろうさい病院眼科 部長
堀 裕一   東邦大学医療センター大森病院眼科 教授
村戸 ドール   慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授
小川 葉子   慶應義塾大学医学部眼科学教室 特任准教授

↑このページの上へ戻る